FC2ブログ

ゲーマー種族診断やってみた

ゲーマー種族診断やってみた

http://seikaku7.com/gamersyuzoku/index.html
覇王族とは?





覇王族は対戦相手に勝ったり、ゲームを完全に攻略する事に喜びを見出します。
あまり争いを恐れず、能力や結果を重視し最後までとことんやる性格なので、人間相手のゲームでは何としてでも勝つ事を重視します。
他人よりゲームに詳しくなりたい気持ちが強く、友人からアドバイスを求められると誇らしく思います。 一人用のゲームでは、最後までやり遂げる事を重視します。
たとえ難しいステージやボスのせいで、なかなか先に進めなくなっても、そう簡単には諦めません。
そもそも簡単すぎるゲームは好きではなく、それなりに歯ごたえがあるゲームを好みます。 困難な挑戦に打ち勝った時こそ、大きな達成感を得られるからです。
世の中の大半のゲームにこういった要素があるので、ほとんどのゲームを楽しめるお得な種族でもあります。

競争ゲーマーとは?

覇王族にもいくつか種類がありますが、このタイプは競争ゲーマーに分類されます。
一人で長時間ゲームを遊ぶほか、相手に勝つ事を重視します。
負けたくないという感情が強く、相手が人間でもコンピューターでも徹底的に打ち負かそうとします。そのために練習を積んだりステータスを上げたりするのですが、ただ楽勝なだけでは面白いと感じません。難しいことに成功した達成感とか、最初は弱かったのに今は敵を蹴散らせるという感覚を重視するからです。
また覇王族の中でも、繰り返し作業に対してしんぼう強い方で、目標に達する途中の作業は大目に見ます。
しごく常識的な所があるので、馴染みがあるゲームを好み、奇抜な物や遊んだ事がないジャンルを買う事は躊躇します。有名作品や他人から勧められたゲームを買う人が多いかもしれません。


この種族の性格傾向

・困難な事でも最後までやり遂げる
・一人で物事を進める
・几帳面
・論理的
・既存の考えや物事を重んじる
・計画通りに物事をこなす
・安定したペースを好む
・責任感が強い
・目に見える結果が出ると満足する
・必要であれば社交的に振る舞う


ジャンルごとの向き不向き

アクション、格闘、シューティング、レースゲーム、RTSなどほとんどのジャンルを楽しめます。
ただしソーシャルゲームなどは、向いていないと思われます。
各ジャンルごとの細かい適合度は以下のとおりです。


アクションゲーム  適合度:★★★★

「スーパーマリオ」、「モンスターハンター」シリーズなど

当然ながらほとんどのアクションゲームには、難しいステージやボスがいます。
この種族は難しいステージをクリアするのにやり甲斐を感じるので、問題なく楽しめます。
ボス戦で試行錯誤して敵の行動パターンを見切り、計画的に倒すというのは、この種族が最も得意とする事かもしれません。

シューティング  適合度:★★★★

「グラディウス」、「コールオブデューティー」シリーズなど

シューティングでは、失敗を繰り返すことが必要です。
この種族は何度も繰り返す事に抵抗が少なく、諦めずに最後まで進もうとするので適性があります。
またシューティングは、ステージをクリアしたら次のステージへといった感じに一本道の構造になっていますが、この種族は一度に一つの事に集中するのを好むため、やはり適合性が高いです。
FPSの場合は、ゲーム性は非常に向いているのですが、ほとんどが海外製なので独特の雰囲気に躊躇するかもしれません。
欧米の濃い作品に抵抗がある場合は、オンラインゲーム型をお勧めします。

格闘ゲーム  適合度:★★★★

「ストリートファイター」シリーズなど

この種族は何度も繰り返して、うまくなれるゲームを好む傾向があります。
強くなって相手に打ち勝つという点も好まれます。

レースゲーム  適合度:★★★★

「グランツーリスモ」、「マリオカート」シリーズなど

難しいステージに挑戦したり、自分で目標を決めてタイムを競うような楽しみ方ができます。この種族にはうってつけの要素です。
現実的な物に惹かれるのでマリオカートよりも、グランツーリスモのようなリアルな雰囲気を好みます。もっとも何が馴染みがあって現実的かは人によって違うので、あまり車に馴染みがない場合は、逆の結果になるかもしれませんが・・・。

スポーツ  適合度:★★★★

「パワプロ」、「FIFA」シリーズなど

操作そのものはシンプルな事が多いので、スポーツに興味があるかどうかが大切です。
興味があるスポーツで、特に実際の選手やチームが使える作品を好むと考えられます。

アドベンチャー  適合度:★★☆☆

「かまいたちの夜」、「To Heart」シリーズなど

この種族は、これらをゲームとして認めないと思われます。
一般にゲーム性が薄くて、達成感を感じにくいためです。
ストーリーを特別重視する種族ではありませんが、読み物としては十分楽しめます。

RPG  適合度:★★☆☆

「ドラゴンクエスト」、「テイルズオブ」シリーズなど

あまりRPGは好まないようです。
短期的な爽快感が得にくい事や、この種族があまりストーリーを重視しないのが原因かもしれません。
といってもRPG好きもきちんといます。その場合はレベルアップなどでキャラが強くなった時や強敵を倒した時に、楽しいと感じるようです。また自由度とやり込み要素を重視する声が見受けられました。

ストラテジー(戦争SLG)  適合度:★★★☆

「信長の野望」、「エイジ オブ エンパイア」

この種族は長期的な戦略よりも、繰り返しでうまくなる傾向があります。
普通の戦略SLGも楽しめますが、RTS(リアルタイムストラテジー)が最適です。
何を生産するか、どうユニットを動かすかを繰り返しプレイで学び、リアルタイムなので素早い満足が得られ、対人プレイもできるためです。
このジャンルは国内産は皆無で、かつ殆どがパソコン用になります。パソコンゲームを遊ぶ習慣があるのなら、是非探してみてください。

シミュレーションゲーム  適合度:★★★☆

「シムシティ」、「電車でGO!」シリーズなど

現実ではできない事をやれるのが魅力のジャンルです。
何かに打ち勝つという要素は少ないですが、町や電車、コンビニなど馴染みがある世界観に惹かれそうです。

パーティゲーム 適合度:★★☆☆

「桃太郎電鉄」、「マリオパーティ」シリーズなど

多人数で遊ぶ場合はもちろん楽しめます。
一人プレイ用としてみた場合は、一般にもっと難しくて運の要素が少ないゲームを好みます。

パズル  適合度:★★★★

「テトリス」シリーズ、「マインスイーパ」など

基本的な操作はシンプルですが、この種族には向いていると考えられます。
ハイスコアを目指したり、他の人と対戦するといった事は、大いにこの種族が好むことです。
繰り返し遊べるのも良い点です。

音楽ゲーム  適合度:★★★☆

「ビートマニア」、「太鼓の達人」シリーズなど

スコア目標の達成や、素早く満足感が得られる、現実的なテーマという点で好まれます
ただこの種族は、ゲームセンターにあまり行かないかもしれません。

MMORPG  適合度:★★☆☆

「ラグナロクオンライン」など

そもそもRPGが好きでないうえに、この種族は安定着実である事を好むので、不確定要素が多いMMORPGは好みません。


ソーシャルゲーム  適合度:★☆☆☆

「モバゲー」、「GREE」、「mixi」の各種アプリなど

ソーシャルゲームでより優位に立つには、ゲームに人を呼んでくる必要があります。
この「人を呼ぶ」ですが、とにかく人数が多ければ多いほど良い傾向があります。
この種族は、多人数と積極的に付き合うことを好みません。
またライトユーザー向けの、シンプルで簡単なゲームが多いのも問題です。
このジャンルを遊ぶ場合は、ゲームとしてではなく暇つぶしとして接するようにしましょう。

お勧めゲーム

覇王族全般にお薦めできるゲームを紹介するのは非常に難しいです。 何故ならほとんどのゲームが楽しめるので、数個だけ紹介するのが困難だからです。
「ファイナルファンタジー」シリーズとか、「スーパーマリオ」シリーズとか、何の変哲もない答えではつまらないでしょう。 そこで覇王族に分類されるゲーマー種族診断の作者が、個人的に好きなゲームを独断と偏見で紹介します。

・「RPGツクールVX」
プログラム無しで、オリジナルRPGが作れるソフトです。ゲームではない気もしますが、気にしない事にします。
このソフトの素晴らしい点は、自分が妄想していたゲームが作れる、しかもそれをネットで公開できる、その気になれば販売も可能という点に尽きます。
覇王族はゲームに強い興味を持っている人が多いため、「自分でゲームが作れたらなと」思っている人もいるでしょう。
一方でゲームを完成させるのは、実に大変な事です。ゲーム制作に手を出す人は多いのですが、ほとんどの人は完成前に投げ出してしまいます。論理的に考え最後まで粘り強く挑む覇王族になら、作品を完成できる可能性が高いでしょう。
また最近のPC版RPGツクールはプログラミングで機能を拡張できますが、覇王族のやりこみゲーマーと競争ゲーマーは、プログラマー向きの性格だと言われています。他の種族よりプログラミングを習得できる可能性が高くなります。
RPGツクールには家庭用ゲーム機版とPC版がありますが、PC版の方が圧倒的に高性能です。
その中でも作りやすさと自由度のバランスが取れていて、かつ初心者でも理解しやすい「RPGツクールVX」をお勧めさせて頂きました。ゲーマー種族診断の作者はツクールXPを使っているのですが、これは初心者向きとは言いがたいです。


・「カンパニー オブ ヒーローズ:ゴールドエディション」
第二次世界大戦を舞台にしたRTS(リアルタイムストラテジー)です。 RTSは日本ではマイナーなのですが、大変奥深くて面白いです。
戦略SLGの醍醐味として、多数のユニット(兵士や兵器)を指揮できる事があげられます。 しかし多くのユニットを1つ1つ動かすと、プレイ時間が膨大なものになります。
RTSでは敵も味方もリアルタイムで動くので、多くの部隊を指揮しても1プレイが比較的短時間で済みます。 指揮官気分をより気軽に味わえ、リアルタイムなので臨場感も強いのです。 また「何度も繰り返しプレイして強くなる」という、覇王族のプレイスタイルとも相性がいいです。
今回紹介した「カンパニー オブ ヒーローズ:ゴールドエディション」は、僕が知るかぎりでは第二次世界大戦もののRTSで最高の品質を誇ります。リアルさとプレイしやすさのバランスが非常に良くとれており、一人プレイモード、対人戦とも充実しています。
初心者向けのチュートリアルもあるので、ミリタリー好きだけでなく、RTSを初めて触れる人にもお薦めできる一本です。

・「どこでもいっしょ」シリーズ
猫のような生き物「トロ」に言葉を教えて、会話を楽しむゲームです。
このゲームは一切戦闘がなく、本来は「かたりべ族」向けです。しかし覇王族とかたりべ族は一部の性質が被っているため、十分楽しめる可能性があります。
大抵のプレイヤーは、ごく普通の言葉を教えて、かわいくてちょっとお馬鹿な会話を楽しむのですが・・・。
覇王族なら、まったく別の遊び方も可能です。例えばゲーム用語や好きなキャラの名前を教えまくって超絶オタク猫にしたり、徹底的に言葉を教えて会話のバラエティを追求したり、不謹慎な単語を教えて鬼畜にしたりと、実にいろいろな楽しみ方が考えられます。
僕のトロは変な言葉を覚えまくった結果、次のような恐ろしい台詞を発する化け猫になりました。
「エッチな本を見たことがある? エッチな本には金正日がのっているのにゃ」
「朝ごはんを食べれば、元気もりもりになるのにゃ。元気もりもりで練炭自殺が楽々にゃ。」
覇王族の中でも勝負師ゲーマーと競争ゲーマーは、ジョークであれば不謹慎なノリも好むかもしれません。遊び方の1つとして候補に入れてはいかがでしょうか。
もちろん普通に言葉を教えれば、可愛らしいやり取りが楽しめます。
激しいゲームを遊ぶのも楽しいですが、たまには戦闘がないゲームでまったりするのもいいものですよ。

RPG、特にテイルズは大好きだよ?だよ?
スポンサーサイト



コメント

やりこみゲーマーなんて完全ヒットやんw
RPGもレベル上げとか周回やりこみとかしとるし。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する